インカジとオンカジの違いって?

カジノ

インカジとオンカジって違うの?

みなさんはインカジとオンカジについてご存知ですか?
ギャンブルが大好きな人には説明不要でしょうが、前者はインターネットカジノ、後者はオンラインカジノの略称です。

どちらもラスベガスで営業しているようなリアル店舗型ではなく、インターネットを利用して世界中のどの場所からでも時間を気にせず遊ぶことが出来るのが特徴です。

ここまでは割と有名な話ですが、この2つの似通ったサービスには微妙な、しかし大きな違いがあるのは意外なほど知られていません。
そこには明確な序列が存在するのです。

結論から言ってしまうとオンラインカジノは合法、インターネットカジノは非合法です。
より正確に言えば前者は運営している企業がきちんとライセンスを取得した上で営業を行っています。

ライセンス制度を導入している国は20カ国以上も存在していますが、その審査はとても厳しいことで有名です。
審査では十分な資金を有しているか、ゲームの公正さが保証されているか、犯罪組織との繋がりがないかなどが細かくチェックされます。

特にイギリス、オランダ、カナダのライセンスは信頼性が高いと言われています。
そのため正規のライセンスを取得しているオンラインのカジノは安全性が高く、クレジットカードなどの個人情報が必要な手続きや支払いを行っても問題が発生することは稀です。

ギャンブル初心者でも安心して利用ができますね。

ゲームの勝率を不正操作している詐欺カジノである可能性も・・・

これに対してインターネットカジノはオンラインのようなライセンス審査を受けていません。
ライセンスを取得していないカジノ全てが危険で詐欺という訳ではありませんが、ライセンス取得による集客のメリットは大きいため、基本的には何らかの問題を抱えていると考えるべきです。

それが十分な資金力がない、犯罪者がマネーロンダリングに利用しているといった程度のものであれば単純に遊ぶだけの客に大きなデメリットはありませんが、最悪の場合はゲームの勝率を不正操作している詐欺カジノである可能性もあります。

また日本の法律ではオンラインカジノは黒の可能性あるグレーという扱いですが、インターネットカジノは違法とされています。
なので安心安全にカジノでギャンブルを楽しみたい人はライセンスを取得しているところで遊ぶのがおすすめです。

ただしインターネットカジノにもメリットがない訳ではありません。
オンラインカジノは安全性が保証されていますが、安全性確保のために様々な部分にコストをかけています。

逆にインターネットカジノはそうしたコストがかからず、更には集客面で問題を抱えています。
そのためギャンブルにおいてとても重要な指標である控除率は、インターネットカジノの方が客に有利な設定になっている場合が多いのです。

きちんと情報を収集して安全性を確認し、覚悟を決められるのであればインターネットカジノで遊ぶのも一つの手です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
2つのサービスに明確な違いがあることを今回初めて知ったという人も多いと思います。

ギャンブルは運だけの勝負ではなく、勝率には知っているか知らないかの情報戦の要素を含んでいます。
控除率が高いギャンブルは長期的に見て客側が不利になるというのは有名な話ですね。

インターネットカジノは成長市場で、リアル店舗以上に顧客を獲得するために様々なサービスを行っています。
期間限定のキャンペーンなどを上手に活用すればそれだけ勝率も上がるはずです。

常に関連情報をチェックして美味しい話がないか確認するクセをつけましょう。
幸運の女神はいつだって賢く立ち回ろうと努力する人間に微笑むものなのです。

自分の安全と勝利のためにもきちんと情報収集して新時代のギャンブルを楽しみましょう。